おせちもいいけどカレーもね

おせちを思い浮かべると、勝手にこのフレーズが脳内に溢れ出る方は、きっと若い方ではないですね。

おせち料理のことを書こうとすると、このフレーズが出てきて困ることがありますので、あらためて調べてみました。


「おせちもいいけどカレーもね」

おせちもいいけどカレーもね

は、ハウス食品のレトルトカレー「ククレカレー」の年末年始用のテレビCMのキャッチフレーズ。
昭和51年から流れたキャンディーズ出演のCMでした。
新年を迎える前にククレカレーを買い置きしておいて、おせちに飽きたころに食べてもらおうということでしょう。
お正月に食べるものはおせちも含めて、常温のものが多いですから、カレーなどの熱い料理を食べるとほっとする方も多いでしょう。
その替わりに、「日常感」が戻ってきてしまうかもしれませんが。

ククレカレーは昭和46年発売開始で、いまでも人気のカレーですから、なんと50年近い人気商品なのですね。
そしてこのおせち絡みのキャッチフレーズはいまでも日本人に影響力を与えていて、お正月のカレーの消費量はぐんと増えるのだとか!

そしてその映像はいまでも見ることができます。youtubeというのはなんでもありますね。


まず、おせち料理の二段の重箱の上のほうは、普通の和風おせちになっています。
海老、伊達巻き、お煮染め、紅白かまぼこ、黒豆(昆布巻きかも)、銀杏などが入っています。
その一段目のお重を取り去ると、二段目にはククレカレーが三箱!!


というわけで、百貨店のオンラインショッピングサイトでおせち料理を注文する際には、ちょっと上等のカレーをついでに注文しておくのはいかがでしょうか。